2013年8月14日水曜日

定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸

定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸にはその時期といったものは無い。
強いて定年退職後の田舎暮らし物件購入や賃貸の時期を示すならば、思い立ったが吉日と言っておこう。
田舎暮らし物件の購入や賃貸は定年退職後と初めから決めていたのであれば、購入や賃貸や田舎暮らしについて時にふれ予習をされていただろうが、不動産の購入や賃貸には思いもかけない落とし穴とでも言うべきアクシデントが付きまとう。
最近多い定年退職後の田舎暮らし物件の購入や賃貸で目立つアクシデントは、ちょっとした意見の相違から離婚にまで至るケースである。
やっと夫婦水入らずの機会が訪れようとしている矢先に、特に夫は周囲に誰も話し相手がいない空虚な環境に落とし込まれる。
古民家の購入にしろ賃貸にしろ、夫婦で相談すると思うが、くれぐれも短期で短絡的な発言には、特に夫は気を付けよう。